« 「めりーくりましゅ!」 | トップページ | a happy new year 2008 »

2007-12-30

中耳炎

100_4291 100_4296

25日の朝、蕾の声がガラガラに枯れて鼻水もちょっと出ているので病院へ行き、「乾燥が原因」とのことで薬をもらって飲んでいました。

だんだん鼻水が増えて37.6℃の微熱も。でもこれくらいの熱なら心配いらない範囲なので様子を見ていました。

そしたら28日の夕食時に異様にグッタリしているので熱を測ってみると38.7℃の高熱!!かかりつけの小児科は19時まで営業しているので急いで診せに行きました。病院で測ると39.4℃。

「耳は痛くない?」と先生。

そういえば28日の昼くらいから「耳が痛い〜〜」って言ってました。私は咳やくしゃみのし過ぎで耳がキーンとなっているのかと思ってたんだけど「中耳炎の可能性がある」と言われ、耳鼻科を紹介してもらいました。「喉風邪でも説明がつくけど、熱が高すぎる」そうです。

そして29日、午前中に耳鼻科へ行ったらやっぱり中耳炎で、しかも両耳。

まだ抗生物質を飲むほどでは無かったけど、「中耳炎の症状は変わりやすいし病院も休みに入ってしまうから」という訳で抗生物質を処方してもらい昼から飲んでいます。

熱は28日に小児科でもらった解熱剤で朝には38.0℃くらいに落ち着いて、蕾も元気を取り戻しましたが、その日の夜は寝ながら咳込んで吐いてしまい汗だくで泣いたりもして、ちょっと大変でした。吐いた後は時々、咳や鼻づまりで目を覚ますくらいで何事もなかったけど、吐いたときの様子があまりにも壮絶で、もし救急にかかる事になった時のために薫の哺乳瓶や粉ミルクを用意した程です。こんな高熱は突発性以来。

耳鼻科にかかる前、ネットで中耳炎について調べていたら『風邪をひいたときに起こりやすい』『5〜6歳までの子供に多い』などの他に、小さい子供がなった時のサインや注意として『まめに鼻をかむこと』『テレビの音を大きくしたがったら注意』なんてのも書いてありました。心当たりありまくりです(汗)

ここ数日は家で大人しく遊ばせるようにしていたのでDVDを良く見ていたんですが、28日は妙に「(音を)おっきくして〜」と言っていたし、鼻吸い器を凄く嫌がって自分ですすってしまっていました。中耳炎になるくらいなら羽交い締めにしてでも吸い取ってしまえば良かった・・・。

今日の朝は熱が下がって元気に遊んでいたから安心したんだけど、昼に震えてグッタリし出したので測ったら39.6℃!また解熱剤を飲ませて夕方には復活しましたが・・・まだ油断出来ません。

25日からずっと喉が痛くて食事しにくいようで、食欲はイマイチです。ちょっと痩せて目がパッチリ二重です。食事は喉を通りやすいようにお粥とかうどんが好評。パパ島さんが豆入りの雑穀を買って来てくれたばかりだったので、炊飯器のおかゆモードで雑穀粥を炊いたら美味しくて簡単だし、私も喜んで食べてたんですが、授乳期にお粥は向かないのか、あんまり張らなくなってしまいやめました。お粥だとエネルギー不足なのかな。

で、そんな蕾のためにゼリーを作りました。

100_4325 りんご、ぶどう+いちご。

このゼリーが好評だったので野菜ジュースゼリーとプリンも製作。

お正月までには回復するといいな。

|

« 「めりーくりましゅ!」 | トップページ | a happy new year 2008 »

子供のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「めりーくりましゅ!」 | トップページ | a happy new year 2008 »