« 蕾 3歳 | トップページ | 風邪のごはん »

2008-11-12

ホメオパシー導入

100_1039 100_1033

前々から気になっていたホメオパシー。

風邪シーズン到来を機に、始めることにしました!

去年、病院の薬を飲み続けてもロクに改善されなかった蕾の咳が今シーズンも始まったのがきっかけです。

先週くらいから鼻水や咳が出ていて、食事療法では手に負えなくなってきていました。週末になると、夜間、咳で目を覚ましたり、咳き込んだ勢いで少しだけ吐いたりすることがあり、パパ島さんと「週明けに病院へ連れて行こうか?ホメオパシーを始めてみようか?」と、相談していました。

昨シーズンは冬中、小児科に通いっぱなしで、咳止めの薬を飲んで一時は症状が軽くなったように見えても、薬を飲まないとまた咳が出て・・・というのが春になるまで続きました。

もう今シーズンは薬を飲ませ続けたくない!という思いから、ホメオパシーへの興味が強まりました。

ホメオパシーを取り入れるにあたり、まず考えた方法は3つ。

1、レメディセットを購入して本等を読んでのホームケア。

2、ホメオパスのカウンセリングを受け、レメディを処方してもらう。

3、ホメオパシーを取り入れた病院を受診して、レメディや薬を処方してもらう。

おそらく、ホメオパシーを取り入れている人のほとんどが『1』の方法だと思うんですが、子供の事だし、自己判断よりはホメオパスに相談してみるのもいいんじゃないかとも考えて、色々と施設を調べていたところでした。

そしたら月曜日の午後、保育園から電話があって「熱が出たので迎えに来てください」とのこと。迎えに行った時は「耳が痛い」と言って泣き出してしまった後で、横になって休んでいたところでした。

ホメオパシーとか言ってる場合じゃなく、急いで耳鼻科へ!

中耳炎でした。

耳鼻科では抗生物質や整腸剤(抗生物質を飲むと下痢しやすいので)を処方してもらい、飲み始めました。

中耳炎については耳鼻科の薬を飲む事にしたものの、まだまだ酷くなりそうな咳にはやっぱりレメディで対処したいので、仕事を早めに切り上げて来たパパ島さんに、初台にあるホメオパシックファーマシーへレメディを買いに行ってもらいました。

ホメオパシックファーマシーはホメオパシーセンター東京本部に併設している薬局で、カウンセリングを受けてない人でもレメディの購入に利用出来ます。

ファーマシーのスタッフの方に、パパ島さんが蕾の症状を説明しながらお勧めのレメディを聞いて、レメディセットと予防になりそうなレメディを単品で購入してきました。蕾の喉が弱い体質はパパ島さん譲りで、症状がパパ島さんとそっくりなので、私が行くよりもよっぽど適任だったかも。

こんな感じで慌ただしく我が家にもレメディがやってきて、ホメオパシーでの治療を始めました!

レメディを使用しての変化や感想はまた後日、詳しく書きますね。

中耳炎のほうはすぐに薬が効いて元気です。

*

100_1017 「しょくぱんマンとドキンちゃん」

バッグに付けたキーホルダーを見せる蕾。

昨日は丸1日家の中で過ごし、今日はいいかげん外に行きたそうだったので本屋さんに行きました。

「ポニョの3かん!」とノリ気だったのに、フィルクコミックは残念ながら売り切れ・・・。

代わりに『はらぺこあおむし』のぬり絵バージョン『わたしだけのはらぺこあおむし』を買ってあげました。ポニョは帰宅後、ネットで注文。

ポニョのコミックを全部読んであげるのは長くって大変なんだけど、こちらは黙々と塗っててくれるので、売り切れてて良かったかも(笑)

|

« 蕾 3歳 | トップページ | 風邪のごはん »

子供のこと」カテゴリの記事

自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕾 3歳 | トップページ | 風邪のごはん »