« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | SALE! »

2009-01-04

水ぼうそう

100_2113 100_2114

正月早々、蕾が水ぼうそうにかかってしまいました。

写真は、髪が発疹に当たると痒いのでヘアバンドで上げているところ。「怖い顔するよ〜見ててよ〜」と言いながら、こんな顔してました(笑)

1日にパパ島さんの実家にいた時、「おまたがカユい」というので見てみると、太もも〜股のあたりに数粒の発疹がありました。そういえば、31日にも肩に大きなニキビのような発疹を見つけていて、掻きむしると痛そうだからバンドエイドを貼っていました。

以前から太ももの辺りが乾燥してカサカサになっていた部分をよく掻いていたので、そこからトビヒしたのかと思いました。

が、翌2日。発疹に全身に広がってきて、病院へ行くことに。

水ぼうそうだった場合、やっぱり薫への感染が心配で、しかも来週はパパ島さんが1週間海外出張なので、そのタイミングでの発症だけは困る・・・。ということで、救急ではなく、休日当番の病院を探して、偶然にも徒歩圏内の小児科が開いていたので診てもらい、水ぼうそうだと発覚しました。

蕾は発症後2〜3日経っていて、ほぼ間違いなく薫にも感染している、とのこと。

水ぼうそうは潜伏期間が約2週間で、感染直後なら後から予防接種をして発症を防ぐ、又は症状を軽く済ませられる、と聞きいたことがあります。ただ蕾の発症と同時に薫に感染しているとすると、もう既に手遅れの可能性もあるんですが、念のため予防接種しておきました。

パパ島さんの留守中に発症したら困るのもあるけど、こういう痒い症状の病気は、まだ1歳では掻くの我慢させられないし、掻きむしると跡が残るし、薫は肌がデリケートだし、なんだか大変なことになりそうな気もして一か八かの予防接種です。

そんな訳で2〜4日は自宅から出られなかった蕾。もう発疹は増えていなくて、ほとんどカサブタになっているので、そろそろ治っている頃だと思います。

本当は、獅子舞や牛を見せに行ったり、たくさん遊びに行きたかったのに・・・(T T)

明日からは保育園が始まりますが、とりあえずお休みにして、かかりつけの小児科へ行く予定です。

*

蕾は病院でもらった塗り薬(白い絵の具みたい)を塗ったら、痛がゆがって全然ダメだったので、塗り薬は違うものを使って飲み薬だけ服用しました。

発疹に塗っていたのはコチラ。

■馬油+ティートゥリー(応急処置)

100_2116 まだ水ぼうそうだと診断される前、ネットで調べて見つけた馬油にティートゥリーの精油を数敵垂らしたものを塗るという方法。家にあるもので出来る方法だったので、まずはこれで対処。

ティートゥリーには殺菌作用があり、塗るとスーっとするので痒みが治まりました。蕾にも好評。

■ステラリアクリーム

100_2125 ニールズヤードのステラリアクリームという炎症に効くクリーム。ナチュラル系の対処方法を調べたものの、どこも正月休みで調達出来ず、パパ島さんが渋谷のロフトでこれを買ってきてくれました。

朝晩、オートミールを煎じたお湯で体を拭いてから、このステラリアクリームを塗っています。

お風呂のお湯の中で袋に入れたオートミールを揉んで入ると痒みが治まるという方法を知り、お湯に浸かると痒みが増しそうなのでお風呂には入れずに体を拭くのに使用。

今日はオートミールのお湯にティートゥリーも数敵垂らしました。

発疹は大体1日くらいでカサブタになり、手の届くところでも2日くらいで小さくなってきています。

|

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | SALE! »

子供のこと」カテゴリの記事

自然療法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | SALE! »