« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010-07-27

ディズニー・オン・アイス@代々木

100_8769

蕾はティンカーベル、薫はミッキーの衣装で、先週、ディズニー・オン・アイスを観に行ってきましたー!会場は代々木体育館。

ディズニーチャンネルでディズニー・オン・アイスのCMや特番を見て、すっかり蕾が影響されてしまったのでね(笑)

ショーが始まると、まず出てきたのはドナルド!

喜んだ蕾の第一声は「あの中、人が入ってるんだよー!」って!

いきなり、そんなこと叫んじゃダメでしょ!特番でばっちり予習済みだから、これ知ってるよっていうのを披露したい気持ちも分かるんだけど(^-^;)

ちなみに、今年の内容は、カーズ、リトルマーメイド、ライオンキング、ティンカーベルのオムニバスで、ミッキー達がそれぞれのストーリーを繋いでいく、というもの。

薫はリトルマーメイド、ライオンキングは飽きちゃってました。でもティンカーベルは意外と興味あり。キャラクターが色で分かれているのがいいようで、「あお!あお!」って喜んでて良かったです。(なんか、戦隊モノに興味を持つ男の子の心理に似ているような・・・。)

蕾は全編通して盛り上がっていました♪

ライオンキングのストーリーは初めて観たんだけど、ヌーの群れに追いかけられるシーンはかなり怖かったようです。あと、ハイエナも。

*

14:30の回にしたんだけど、すーっごい暑い日で、渋谷駅から会場に向かう途中、軽めにランチしようとしたら、その直前に薫は寝てしまいました。

100_8775 お昼、食べ損ねた人。

帰りは暑さと長いショーの疲れで、蕾が寝てしまい、薫もグズグズ。

夏は郊外より都心のお出かけのほうがヘビーな気がします・・・。

かなりグッタリして帰って来たんだけど、蕾は「ディズニーのショー、楽しかったね!」と言っていたし、頑張って行って良かったかな☆

私もフィギュアスケート大好きで、スケートを生で観るのは初めてだったから、けっこう楽しめました。

*

ショーの最中は写真撮影OKでしたが、「個人的に楽しむ目的で」というアナウンスだったので、ブログへの掲載は控えました。

あ、あと、会場で売られているディズニーグッズやポップコーンなどは全てディズニーランド価格です(笑)

代々木体育館でスーベニアカップのかき氷を買うハメになるとはね〜。

| | コメント (0)

2010-07-17

CROCS BAYA KIDS @ COSTCO

100_8726

コストコでまたクロックス買いました〜。

今度は薫の、BAYA KIDSです。

前に買った蕾の・・・
>>CROCS KIDS Gabbyの記事はコチラ<<

お値段はなんと1198円!安いですよねー☆CROCSはコストコの価格を知ってしまうと、他では買えません!

ちなみに、今日は川崎店です。

色は山手線カラーのキミドリ(笑)山手線、大好きなので。最初は「あお!」とか言ってたんだけど、黄色やオレンジにも目移りして、結局やっぱりキミドリでした。

私的にはもうちょっとスモーキーな黄緑の方が好みだったんだけど、そういう渋いカラーは薫はダメみたい。靴と帽子は気に入らないと全く使おうとしないので、薫の好みが最優先になってますね・・・。

*

それから、蕾にはこれ。

100_8727 my little Ponyの絵本。

この本、ページは少ないんだけど、ちょっと凄くて、マイリトルポニーのキャラのマグネットがたくさん付いていて、それを使って遊べるんです。

100_8731100_8728

↑左がそのマグネット。右は迷路のページ。

一見、ただの厚紙の絵本なのに、マグネットがちゃんと付く仕組み。

マイリトルポニーのものは初めてだけど、蕾はこの本に一目惚れでした♪

あと、帰りにコンビニでケアベアの飴をGET。

100_8732 パケは3種類くらいある。

かわいいです、これ。蕾も薫もお気に入り〜☆

100_8714 包み紙を全部出して見てました。

| | コメント (0)

2010-07-13

子供のお椀

100_8672

子供たち用に、お椀を買いましたー。

お味噌汁の時とかに、汁碗として使う予定です。

持ちやすいサイズと形、それから木目が見える色でつや消し・・・というのが欲しくて、少し前から色んなお店を覗いていたんだけど、意外と出会えず、楽天のナチュラル和食器creative-wkさんで木製さいず椀Sを買いました。

大人用のお椀と並べると、こんなに可愛い(笑)

100_8673 左は私の。

夕飯のとき、薫が「これ(お母さんと)いっちょね〜。かおる、これ気に入ったの!」と、好評で、お味噌汁おかわりしました☆

最近、暑いせいか、お味噌汁を残しがちだったのに。喜んでくれて良かったです(*^-^*)

| | コメント (0)

2010-07-10

無印どっさり

100_8644

無印良品でおやつをどっさり買い込みましたー!

ちょっと前に買っておいた、きなこ玉とマンゴープリンが好評だったので、蕾と一緒にまた買いに行ったら、盛り上がってしまってこんなに(笑)

100_8640 薫が夢中のきなこ玉。

100_8623 マンゴープリン、果物と一緒に♪

*

夕方、西日が凄かった〜。

100_8632

100_8627 サングラス、ズレてる(笑)

| | コメント (0)

2010-07-09

お弁当に。

100_8614

ベランダで育てたプチトマトを、幼稚園のお弁当にも入れました〜☆

普段は給食だけど、ときどき作ることがあるんです。

自分で収穫したプチトマトをお弁当に入れて持って行く、というのが蕾の夢だったので、この日は張り切って行きました。

ちなみに、ご飯の上のハート型のは梅とシラスを和えたもの。

写真だと不気味(笑)

| | コメント (0)

2010-07-06

病院続き・・・。

Img_6807Img_5249

先週は1日おきに子供たちを病院へ連れて行くことになって、なんだか、どっぷり疲れましたー(x x;)

まず、月曜日。

保育園のお迎えのときに私が薫の腕を引っ張ってしまい、右肘の靭帯が外れて、整形外科へ行きました。

「立ってー、行くよー。」って言いながら手をつないで歩き出したら、薫がまだ座ったままで、ぐいーっと強く引っ張ってしまっいたみたいです。

家に帰っても痛がってるし、反射的に動かすこともないし、初めてのことで焦りました!

整骨院か整形外科か迷ったんですが、パパ島さんと相談して、薫だと問診だけじゃ分からないことも多いし、念のため検査する設備があったほうがいだろうから、という理由で整形外科へ。

世田谷区の内科・小児科の医療相談、医療機関案内(3410-5111)へ電話したら、運良く近所で遅くまでやっている整形外科があったので、雨の中、自転車で急ぎました。ちょうど18時頃で大抵の病院は診察が終わるタイミングだったから、ここが開いてなかったら、危うく成育の救急まで行くところでした・・・。

最初は脱臼したのかと心配してたけど、靭帯が外れただけで、先生が軽くグリグリっとやったら、あっさり終了。

それまで、ずーっと落ち込んで口数少なかった薫も、治った!と分かると、急に元気になって、痛かったほうの腕てイスをくるくるくる〜っと回転させて満面の笑みでした(爆)

次は、水曜日。

以前からあった薫の水イボを取りに皮膚科へ。ついに蕾にも移ったので2人とも受診しました。ちなみに、薫は2回目。

水イボ・・・、放っといても治ると聞いたから、しばらく様子見ているうちにどんどん出来て、太ももやおむつ周りに密集してました。蕾は腕に6コくらいで軽度。

皮膚科の先生が言うには、「肌の荒れてる所に移りやすい」そうで、薫は割と肌が弱く、太ももとおむつのあたりは、よく赤くなったりかぶれたりしてます。

薫の水イボは炎症起こして赤く膨らむものもあるのに、蕾のは肌色で小さめ。肌質的にも、薫は水イボ増えやすいほうだったようです。

シールタイプの局部麻酔をしてから水イボを潰すので、その時は痛くないんだけど、だんだん麻酔が切れてくると、密集していただけにヒリヒリするようで、薫、ガニ股歩きになっちゃってました。

そして、金曜日。

お昼頃、蕾の幼稚園から呼び出しが・・・!

「蕾ちゃんが、お股が痒いと言っていて、とても落ち着きが無いので病院に連れて行ってあげてください。」とのこと。

1〜2日前から確かに「かゆい」とは言っていて、見てみたけど、とても薬を塗れないようなところがポツっと赤くなってただけだったので、続くようだったら病院行こうか、と話していたところでした。

13時頃迎えに行ったけど、これまた微妙な時間で、近所の小児科調べたけど、どこも午後は16時から・・・。

先生が電話口でやたら急かすので、渋谷から自転車すっ飛ばして、汗だくで迎えに行ったのに・・・。蕾は家に着くなり、「暑いからジュース飲も〜」とか「おやつ〜」とか、早退を満喫しちゃってるし。

蕾の状態は、股からお尻にかけて赤くかぶれていて、病院では塗り薬と化膿止め(だったかな?)のために抗生物質を処方されました。

*

1つ1つは大した怪我でも病気でも無いんだけど、こう立て続けに色んなことが起こるとちょっと参りますねー。

で、今日また小児科行って蕾の経過を診てもらい、プールOKだそうで一安心♪

でも、薫に新たな水イボが発見されていて・・・。

今週また皮膚科かな。

早いとこ取らないと、すぐ増えるし、プール開きも近いので。

はぁー。病院じゃなくてSALE行きたいデス。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »